~マレーシアへ旅行前にチェック✈~

これだけ見ればすべて分かる!マレーシアのスーパーマーケット特集

みなさん、こんにちは。

みなさんはマレーシアのスーパーマーケットにどの様なイメージをお持ちですか?

実はマレーシアの都市部には、充実した品揃えのスーパーが沢山あります。

地元の製品はもとより、世界中のさまざまな商品を取り揃えているのでお買い物も楽しみの1つになるはずです♩

そんな魅力満載のマレーシアのスーパーマーケットについてまとめたので是非ご覧ください!

 

 

マレーシアの大手スーパー6選

 

Village Grocer / ビレッジグローサー (国内8店舗)

日本人に特に人気のスーパーマーケット『ビレッジグローサー』

獲れたての新鮮な食材や豊富な商品ラインナップなど商品数が多いことが人気の理由ですね。

また、日本からの輸入食材も多数を扱っているため、日本食が恋しくなった時には便利ですね。

👉Village Grocer / ビレッジグローサーのホームページはこちら

 

AEON / イオン (国内29店舗)

言わずと知れた日系の巨大スーパーですが、マレーシアにも数多くの店舗が存在します。

ローカル、外人、日本人問わず多くの人々から親しまれているスーパーです。

トップバリュー製品など、日本でも馴染みのある商品が沢山取り扱ってある為

マレーシアでも日本と同じ様な生活したい方には1番おすすめです。

👉AEON / イオンのホームページはこちら

 

Jaya Grocer / ジャヤグローサー (国内14店舗)

ジャヤグローサーの良さは良心的な価格にあります。

他のスーパーと比べても少し安い価格設定だと感じます。

ただ、商品の品質管理が劣ってるという意見もチラホラ。

Jaya GrocerのECサイトを使えば配達も可能です。

👉Jaya Grocer / ジャヤグローサーのホームページはこちら

 

Giant / ジャイアント (国内25店舗)

地元密着型のかなりローカルよりのスーパーです。

マレーシア現地のスーパーを感じたい方にはとてもおすすめですが、

日本人の求める品質やクオリティーには達していない商品も多々。

👉Giant / ジャイアントのホームページはこちら

 

Cold Storage / コールドストレージ (国内11店舗)

KLCCなど、中心地に多く店舗を構えるスーパーです。

マレーシア国内では高級路線のスーパーなので価格は少し高めですが、

その分、豊富な商品数や品質は文句のつけようがありません。

👉Cold Storage / コールドストレージはこちら

 

 

マレーシアのスーパー事情

 

マレーシアのスーパーで買える物

  • アルコール類

イスラム教徒にとってアルコールは禁忌ですが、スパーによっては大きなスペースを取ってビール、ワインなどを扱っているところもあります。

  • 果物&野菜

地元で採れる果物だけではなく、日本の高級いちごが入荷することもあります。野菜もオーガニックの野菜も幅広く置いてあります。

  • 調味料各種

マレーシア人はとにかく『サンバル』を使いますね。日本のマヨネーズやケチャップ、ドレッシングもマレーシアでは手に入ります。

  • 肉類各種

イスラム教徒がもっとも禁忌とする豚肉もしっかり扱っています、ポークソーセージはなかなかの逸品も。その他、ラム肉や、牛肉、鶏肉なども扱っています。

  • 日本の食品

マレーシアでも食材が揃っている為、本格的な日本料理を作ることは可能です。お菓子から何まであります。

  • 乳製品

牛乳やヨーグルト、バター、チーズと言ったものは輸入品にかなり依存しています。やや高価ですが、品質に問題はありません。

 

食材の価格1覧(市内複数のスーパーで調査)

たまねぎ:1kg:4.99リンギット | にんじん:1kg:5.69リンギット

万能ねぎ:1束:4.39リンギット | キャベツ:1玉:6.28リンギット

ブロッコリー:小玉:11.73リンギット | 白菜:半分:4.19リンギット

えのき:1パック:1.9リンギット | みそ:750g:18.9リンギット

醤油ヤマサ:1L:15.65リンギット | みりん:1L:21.5リンギット

料理酒:1L:21.5リンギット | キューピーマヨネーズ:450g:21.8リンギット

ごま油:200cc:25.8リンギット | こしひかり米(短粒):2.5kg:28リンギット

食パン:2.5kg:4.6リンギット | 納豆:1パック:9.4リンギット

 

日本人に便利な日系のスーパー

やっぱり日本人に1番おすすめスーパーマーケットはイオンです。

マレーシアでは、日本の大手スーパーチェーン・イオン(AEON)が幅広い店舗網を展開します。クアラルンプールだけでなく、ジョホールバル、ペナンほか、地方都市にも店舗を置いていますし、日本食材もとより、日本風のデリコーナーもあって、ラインナップには事欠かさない点がオススメの理由です。

 

ノンハラル商品は別コーナー

一部のスーパーを除き、マレーシアにあるスーパーには、豚肉や酒類を扱うノンハラルコーナーが店舗内に別店舗の形で設けられていることがあります。そこで買った商品は所定のレジでの支払いが求められますのでご注意ください。

 

 

まとめ

マレーシアには数えきれないほどのスーパーがあり、その数はまだ増え続けています。

あっちのスーパーの方がお得とか、このスーパーだとこの時間がベストなど

色々なコツがあります。是非、皆さんも調査してみてください♩

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です