~マレーシアへ旅行前にチェック✈~

マレーシアで開設した銀行口座からの入金・引き落とし方法と注意点

コウヘイ君

やっとマレーシアへの引っ越しが終わって、一安心です!
良かったね!あっ、そういえばコウヘイ君はお金の管理方法とかきちんと考えてる??

ハルさん

コウヘイ君

はい!考えています!でも銀行口座の利用方法がイマイチわからなくて行動するのは後回しにしちゃってました・・・
そっか〜確かに銀行の利用方法とか口座開設方法は国によって若干異なるから困っちゃうよね・・。じゃあ今日はマレーシアの銀行の利用方法を説明することにするね!

ハルさん

コウヘイ君

やったー!よろしくお願いします!

基礎知識:ATMの種類

マレーシアの銀行口座からの出入金は、ATMで行うのが一般的です。
日本では、引出しも預入れも振込みもすべて同じATMで出来ますが、マレーシアでは用途により種類が分かれており、
1 現金引出用のATM(単に「ATM」と書いてあることが多い)
2 預入用のATM(「CASH DEPOSIT」などと書かれています)
3 チェック用のATM(「CHEQUE DEPOSIT」などと書かれています)
の3種類あります。

マレーシアでは用途によって利用するATMが違うから注意が必要だね!

ハルさん

 

 

PINナンバーの変更

銀行口座を開設してキャッシュカードをもらったら、キャッシュカードのPINナンバー(銀行により、4桁または6桁)が初期設定(123456など)になっているので、現金引出用のATMで自分独自のナンバーに変更します。
ATMの操作は、まずキャッシュカードを入れて言語を選択し(選択肢は、マレーシア語、英語、中国語であることが多いので、たとえば「English」を選択します)、「PIN CHANGE」を選び、6桁の数字を入力します。

コウヘイ君

キャッシュカードのPINナンバー変更とかって面倒臭くなりがちだけど早めに変更しておいた方が良さそうですね!

 

 

口座に入金するには

自分の口座へ入金するのもATMで行います。
預入用のATMにキャッシュカードを入れ、言語を選択して口座番号を入力し、現金を投入します。

言語を選択する画面があるから、必ずENGLISHを選択するようにしてね!

ハルさん

 

 

口座からお金を引き出すには

現金引出用のATMにキャッシュカードを入れ、言語を選択し、PINナンバーを入力します。
次に、「CASH WITHDRAWAL」(引出し)を選択します。そして、金額を指定します。このとき、「FAST CASH」を選ぶと、きりの良い金額の選択肢から選択することになり、「OTHER CASH」を選ぶと自分で金額を設定することになります。金額を指定したら「YES」を押すと確認画面に進みます。レシートが必要かどうか(「YES」か「NO」)を選ぶと、お金が出てきます。

コウヘイ君

わざわざ引き出し金額を入力しなくて良いFAST CASH」は便利ですね!

 

 

振込み

他人の口座へお金を振り込む時は、振込先の銀行の預入用ATMで行います。自分の口座の銀行ではないので注意しましょう。また、振込みは、(引出用ではなく)預入用のATMから行います。
ATMの操作は、まず言語を選択し、もし「細かいお金は振り込めません」というメッセージ画面が出てきた場合は「Yes」を押して、「Cash Deposit」を押します。振込先の口座番号を入力すると確認画面が出るので、口座番号、振込者(自分の名前)を確認します。次に、お金を入れるところが開くので、入金し、必要に応じて、「Continue」を押します。確認画面が出るので金額を確認し、合っていれば「Yes」、違っていたら「No」を押します。お札が折れていたり古くなってよれよれの場合は、入金しようとしても機械にはじかれて返されますので、その時は「Add Cash」を押してお金を追加します。(機械にはじかれることは結構多いので、きれいなお札を用意するか、予備の紙幣を持っておきましょう。)
最後にレシート(明細)が出てくるので受け取ります。レシートは、大切に保管しましょう。

振込の際にトラブルにならないように、レシート保管しておくのは必須だね!

ハルさん

 

 

口座からの自動引き落としについて

日本では、公共料金や家賃などを銀行口座から自動引落としにすることがよくありますが、マレーシアには自動引落としのシステムがありません。このため、郵便局等で支払う必要があります。(最近ではセブンイレブンでも支払えるようになりました。)ただ、郵便局は非常に混雑しています。
そこで、インターネットバンキングを利用する方法があります。最初の手続きは少々手間ですが、あとは毎月の支払いがとても楽になりますのでオススメします。

コウヘイ君

自動引落としシステムがないなんてビックリです!多少の面倒臭さがあってもインターネットバンキングを利用するのが良さそうですね!

 

 

チェック(cheque)

チェック(cheque)には、受取人(お金を手にする人)の名前、金額、日付、発行者のサインが書かれています。マレーシアはチェック社会と言われ、日本と比較するとかなり頻繁にチェックが使われます。特に、ビジネスでは頻繁に使われます。

チェックをもらった場合、ATMで換金(=自分の銀行口座に送金)するのが一般的です。この時は、自分の銀行のチェック用ATMを使います(チェックの発行元の銀行ではありません)。このチェック用ATMは通常は銀行内にしかなく、街中などにはあまり設置されていません。
ATMの操作は、まず言語を選択し、「Cheque Deposit」を選びます。そして自分の口座番号やチェックの金額を入力して「Enter」を押し、チェックの用紙を機械に挿入します。すると、入金確認のレシートが出てきますので、これは大切に保管しましょう。通常、この操作をしてから1日~数日で自分の口座にお金が送金されます。

マレーシアではチェックを利用する事が多いから、ちゃんと確認しておいた方が良いよ〜!

ハルさん

 

 

長期不使用は要注意

数ヶ月間インターネットバンキングへのアクセスをしないと、アクセスがロックされることがあります。
また、7年間口座に出入金がないと、口座が凍結され、政府の管理下となります。その場合でも預金を取り戻すことは出来ますが、時間も手間もかかりますので、注意しましょう。

コウヘイ君

口座にロックがかかってしまうのだけは避けたいですね。きちんと管理していきます!

みんなマレーシアの銀行の利用方法は何となくわかったかな?最後に用途別のATMの選び方を説明するよ!

ハルさん

 

まとめ

  • 現金引出用のATM(単に「ATM」と書いてあることが多い)
  • 預入用のATM(「CASH DEPOSIT」などと書かれています)
  • チェック用のATM(「CHEQUE DEPOSIT」などと書かれています)

 

コウヘイ君

早速これからマレーシアで口座開設をしてきます!皆さんもぜひこの記事を参考に、マレーシアで銀行利用をして下さいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です