~マレーシアへ旅行前にチェック✈~

マレーシアと言えば…..クアラルンプール 特集!!!

クアラルンプールは、ショッピングの穴場です。高級ブランドから民芸品、アジアのみならず世界各国のブランド品が、ものによってはシンガポールよりも安いです。

週末になると国境を越え、車で買い物に来るシンガポール人もいるほどです。市内には、巨大なショッピングセンターがひしめき、近郊にはスケート場などを併設した、買い物ついでに遊べるスポットも登場しました。

一方、チャイナタウンやオールド・タウンでは、チープでキッチュな小物選びを楽しもう。

個人的にほぼ一点ばりでここがおすすめです。

 

スリアKLCC

概要-ペトロナス・ツイン・タワーに併設される巨大ショッピングモール、スリアKLCCです。有名ブランドやお洒落なダイニングが終結するほか、各種イベントも催されます。賑わう熱いスポットと言えるでしょう。

地下一階から五階までが吹き抜けになった開放感ぶりです。

 

おすすめ1 :高級ブランド

人気ブランドのアイテムが日本より安くて品揃えも豊富です。

人気の有名ブランドのほとんどが入っており、移動せずにゆったりと買い物ができます。ほとんどの商品が日本で買うよりも割安な上に、日本では品薄な商品も比較的見つけやすいというのもポイントです。

ブランドリストには、ブルガリ、エスカーダ、シャネル、マックス・マーラ、カルティエ、ダンヒル、バリーなどがあります。

 

おすすめ2:アジアン雑貨

高品質でグッドデザインの雑貨が狙い目です。

東南アジア全般の工芸品やマレーシアならではのスズ製品を扱う店があります。商品はエスニックなテイストを残しつつ、現代風にアレンジされたものが目立ちます。デザイン性の高いものが目立ちます。

商品の中には、ビーズをあしらったサンダルRM79などあります。

 

おすすめ3:休憩はフードコートで

スリアの中には、たくさんのレストランやカフェが入っていますが、ランチや休憩ならフードコートが安くておすすめです。

料理ごとにブースがわかていて、それぞれの場所で支払う方式になっています。

おすすめは、素焼きの鍋で出されるクレイポットヌードルはOLに人気です。

 

おすすめ4: スリアの中の日系デパート

伊勢丹KLCCです。スリアKLCCの一角には日本の伊勢丹デパートも入っています。一階のコスメフロアは特に充実していて、ブランドごとに分かれているブティックよりもこちらの方が探しやすいと好評です。

ラルフローレンなど人気のブランドのブティックもあります。3階のスーパーマーケットはチェックです。

コスメコーナーには各種ブランドの商品揃います。

 

ショッピングセンター スター・ヒル

ブランド品を買うならココで

ブキッ・ビンタン通りでは、最大、そして最高級のショッピングセンターです。JWマリオット・ホテルと直結していて、建物の造りも高級感が漂います。

店内は、有名ブランドのブティックが軒を連ね、落ち着いた雰囲気です。シンガポールのデパートや、タングスやフェンディ、セリーヌ、ポロと世界の一流ブランドが勢揃い、なかでも香水をはじめとした化粧品の品揃えが特に充実しています。

外観は、円形ガラスを配したおしゃれなエントランスで、待ち合わせにいいです。テナントには、高級ブランドショップが目立ち、日本人にも人気です。

 

ミッドバレー・メガモール

国内最大のショッピングセンター

クアラルンプール中心部から南に車で10分~15分のフェデラルハイウェイ沿いにある地下一階、地上4階のショッピングセンターです。中には、カルフールやメトロ・ジャヤが入っています。

そのほか430の店舗、レストラン、映画館、ボーリング場などもあり、ビジネスマン向けホテルのシティテルも併設しています。弁当コーナーは単身赴任しているビジネスマンにもおすすめです。

 

KLプラザ

買い物途中の小休憩に便利

ブキッ・ビンタン通りに面したショッピングセンターです。人気のカフェ、コーヒー、ビーンには欧米人やおしゃれな華人たちがコーヒーブレイクを楽しんでいます。

音楽好きなら訪れたい、タワー・レコードや、日本人に大人気のタイ料理の店、コカ・レストランが入っています。

ハリウッドのグッズが人気です。

 

ここからは細かなしかし、点在する重要なモールを紹介します。

まずはストリートを紹介します。

 

ブキッ・ビンタン通り

ブキッビンタン駅を境に、東側は大型モールや高級ホテルが、西側には庶民派モールやマッサージ店が多く並びます。

 

インビ通り

通り自体は大きいが、周辺には地元客が利用する飲食店が集まるグルメの穴場です。大型の屋台村や生鮮市場もあります。

このように街歩きが楽しくなるストリートであります。

 

パビリオン

ブキッ・ビンタン最大級の売り場を誇ります

開放的な吹き抜けもある地上7階の巨大モールです。国内外の有名ブランド約450店舗入っています。デパートや映画館のほかレストランも充実し、6階には日本のショップが集まる「東京ストリート」があります。

 

ファーレンハイト88

若者向けカジュアルブランドが集まります

マレーシア初のユニクロなど、若者向けのカジュアルブランドを中心に250店舗以上のショップが入店します。また、レストランもカジュアルな店が多く、日本料理のビュッフェレストランなどもあります。

 

スンガイ・ワン・プラザ

ローカル色が強い品揃え

ローカルブランドを中心に約500店舗で、ファッション、ビューティ、飲食店、書店やCDショップ、電化製品など、地元の人向けのが多い。迷子にならないように注意しましょう。

 

※ショッピングモール利用のアドバイス

 

1:広々とした館内では、フロアマップを活用しよう

最初にインフォメーション・デスクで、案内板を確認しましょう。

 

2:ゆっくり買い物するのが午前中がよい

午前中、ほとんどのSCがすいているので、オープン直後など、早い時間にいくと、買い物が楽しめます。

3年三回のバーゲン時期はとってもおとく

毎年、春先、7-8月、年末の3回、大規模なセール開催なので、この時期おすすめです。

 

まとめ

まとめ、色々と書きましたが、クアラルンプールはモールが集中しています。くれぐれも、カード決済で多くを買い、ダメージを負わないようにしましょう。一点豪華主義がおすすめです。では、2-3店舗回って下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です